忍者ブログ

2017-12-18 17:44

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009-05-18 09:36

上野公園で遭遇した、自称:画家老人についての注意喚起



3月末頃の出来事なので、書くのがずいぶんあとになってしまうけど、
上野公園で不可解な老人(中年??)に出会った。
もし似たような人に声をかけられるような事があったら、女性は注意してください。



上野公園内の重要文化財の神社に、
よって行こうかどうしようか迷いつつ眺めていたら、
年配の男性が「こんにちは。」と近づいてきた。



どこから来たのかとか聞いてくるので、世間話的に少し話した。
その時は、まさかこんなところで、この年齢層でナンパだとは考えにくかった。



彼は、
「抽象画」を描く「画家」で、
今日は「銀座で個展」を終えて、その足で上野公園にやってきた。
自宅は、「鎌倉」・・・・・「僕は、鎌倉から!(さらりと明るい感じで)」


と、言うのですが、
私は、何とも言えない違和感を感じていました。



「銀座で個展」と言う割には、なんだか身なりがボロくて、
その時は自分でも疑っている自覚さえないのに、
なぜか思わずジロジロみてしまいました。頭のてっぺんから、つま先まで。
ジャケットとか着ているのだけど、それがとても古い感じで、
肌も色黒というより、汚れているのでは・・・という印象だったのだと思います。




しかもだんだん(いきなり)、質問の内容が、
「結婚は、してるの?」
「(はぁ?)してません・・・」
「でしょう~。すぐわかった。」
と、訳がわからないかつ、意味のない方向へ・・・



それでも、私は別れ際までほとんど疑いもしていなかったのだけど、
階段を下りてきて、下の方へ行くにつれ警官がチラホラ現れはじめたと思ったら、
その辺から別れの挨拶もなく無言でさりげなく桜の花を観たりしながら、
私から離れていったので、今度はわざわざ私の方から近づいていって、
「予定がありますので、失礼します。」と馬鹿正直に声をかけて、公園を後にした。




で、出口付近で、モロ浮浪者な人を何人かみかけて、
そこで初めて、「なんか、あの人とこの人たち、似てる空気・・・」と、
妙な確信を持ってしまった。




結局、何事もなく話をしただけで済んだけど、
最近は女性を襲う浮浪者も出てきているようなので、
女性は(男性も)注意しましょう。




結婚詐欺とかも全然かっこよくないのに、話術が巧みなのか、
なぜかだまされちゃうらしいし。




実際、自称:帰国子女で、英語なまりの日本語を話しながら道を聞いてくるという、
ほんとに頭おかしいのかもしれないけど、
そんな嘘みたいな芝居をする変質者に出会った事もあるので。
2回も。しかも、同じ奴。




世の中の女性がどのくらい痴漢などに遭遇しているのかわからないけど、
思い出してみれば自分はけっこう変な人に遭遇してきたような気がする。
というか、「変な人」ってとても多いのかもしれない。




小学校時代は何も知らずに、
フェンス越しにカメラを向けてくるあやしい男性に、
「撮って、撮って!」とピースをしてしまったり。
でも、中学生位になると反骨精神が芽生え始め、露出狂のちり紙交換に、
「ちいさ~い!」「しょぼーい!」と、友人と応戦してみたりもした。




幸いどれも笑い話で済む程度のものだけど、
今後は今まで以上に気を引き締めて生活していきたいと思います。
やっぱり、変な人や気持ち悪い人には会いたくないです。





PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

地元CMコンテスト LOVE LOCAL

プロフィール

HN:
himawari
性別:
非公開
自己紹介:
花と動物が好きです。


[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



最新CM

[01/31 IDA姫]
[01/05 sanae]
[01/05 ゆう樹ごん]
[11/24 sanae]
[11/24 クッコ]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新TB

ペット飼ってます



最古記事

カウンター

忍者アド